教判にみる『法華経』の特徴